What's DAY TRACK?

  1. ヒップホップが日常に溶け込んだコミュニティーを創造
  2. 既存のヒップホップ概念に捕われない、新たなヒップホップの開発
  3. ヒップホップの次世代を担う、若手表現者達を支援
  4. 明確なテーマを持ったアーティスト育成と作品作り
  5. 共感できるヒップホップの提案

新しいヒップホップの開拓。これがDAY TRACKの使命である。2003年、DAY TRACKはアンダーグラウンドで活動する未来の表現者達を育成・輩出する機構として設立された。以来、既存の常識に縛られない自由な発想のもと、次世代のヒップホップを開発する研究所としての役割を担う。現状のヒップホップ・シーンにおいて、DAY TRACKはその中核にあえて位置するわけでなく、シーンの円周部分にその拠点を置く。何故か?DAY TRACKの目的はシーンの中心を目指すことでなく、「シーンを強く大きく底上げしていくこと」だからである。つまり円の外からグレーゾーンを引き込み、ヒップホップに魅せられるリスナーと体現者を増やしていくことこそ重要と考えているのである。アウトサイド・イン、言わばこれがDAY TRACKの活動理念(クラブの中だけでしか通用しないコア・ヒップホップはインサイド・イン、メジャーレコード会社お得意のお茶の間系ヒップホップはインサイド・アウトと言えよう)。一方、DAY TRACKカラーは着実に固まっている。ファンという概念を意識したアーティスト作り、共感を生むリリックとそれを生かす有機的なサウンド。そんなヒップホップ像はDAY TRACK の専売特許である。また2006年度からは海外ライセンスビジネスにも着手し、その活動はいよいよグローバルになりつつある。ヒップホップに対するピュアな熱意から生まれたレーベル、DAY TRACK。我々の目的は、ヒップホップという文化を自ら築いていくことにあるのだ。




Copyright(c) 2007 DAY TRACK,Inc. All Rights Reserved