デモテープを送られる方へ

Master ME-YAからのメッセージ

DAY TRACKが求めるアーティスト像とは?
レーベルオーナーMaster ME-YAがヒントを享受!

Q、DAY TRACKへの応募に当たって、何か資格みたいなものはありますか?

A、まずは日本のHIPHOPシーンにおけるDAY TRACKの立ち位置、使命、テーマなどに共感を持ってくれる表現者です。まずはHPのWhat's DAY TRACKコーナーを見てください。レーベルのテーマや目的が明確に書いてあります。シーンの中央を目指すのではなく、シーンを守りつつ広げていく、そんな方針に賛同していただける方を求めています。また従来のHIPHOPの固定概念に縛られず、柔軟に方向性を変えていける人が良いです。何をもってHIPHOPというのか、これは時代によって変化していくものだからです。

Q、ずばりどのようなアーティストを求めていますか?

A、コンセプチュアルなアーティスト像を提示してくれる方が良いですね。サウンドがカッコ良い、スキルが高い、などをアピールしてくれる方が多いですが、それは前提事項です。いわゆる「THE ヒップホップ」な人はDAY TRACKに入る必要はありません。それはシーンの中央を目指す音楽性であり、広げる音楽性ではないからです。シーンおける活動のバックボーンは重要ですが、その中でもノーマルではない方向性を追求しているアーティストが望ましい。「ジャズ+R&B」「ロック+ヒップホップ」などジャンル的な差別化などは分りやすいですね。例えばCIMBAなどは「ブラジル+R&B」と言えるでしょう。またCRAFTは「MC+ダンス+パーカッション」という編成の上、「ストリートが活動の主体」だというところが唯一無二。KEN-RYWは甘いマスクの上(笑)、「共感を生むHIPHOP」。活動やキャラに説得力があり、明確でオンリーワンなコンセプトが作れないと、どんなに作品がカッコよくても売れません。客観的に斬新な部分を追求してください。ただ逆に「コンセプトはレーベルに委ねます」という人であれば、それはそれでOKだったりします(笑)

Q、DAY TRACKはリリックを重要視しているそうですが。

A、作品判断要素の8割が歌詞です。DAY TRACKのターゲットは、ずばりグレーゾーン。もっと言ってしまえば、中学生や高校生など多感な時期を過ごしている10代です。彼らにとってリアルで等身大なリリック、または彼らがちょっと背伸びしたい時に兄貴として代弁してあげられるような言葉やテーマが望ましい。「クラブでクエルボ飲んで、マイク握って腰揺らす・・・」なんて歌詞は若者には届きません。なぜなら物理的に10代はクラブに入れないのですから。それより恋愛や家族や仲間のことなど、ベタだけど普遍的なテーマを具体的な情景描写を用いてライムする方がよっぽど建設的。リリックの主人公は「あなたではなくリスナー」なのです。・・・ところで、10代に等身大の内容だから、それより上の世代には伝わらないのか?答えはNO。20代でも30代でも皆、いつまでも色褪せない10代の青春は経験していますし、自分の過去の思い出に投影して共感できるのです。

Q、作品以外の応募資料についてはどうですか?

A、全て重要です。作品さえ良ければ売れるか、と言えばNOです。作品と言うのは、判断すべきアーティスト総合力の一分野に過ぎません。特に写真やプロフィールというのは非常に重要なんです。まず写真。"写るんです"を使用し、家の廊下で直立不動な感じで写っているものがよく送られてくるのですが、まずオーラが感じられません。アーティスト写真、通称「アー写」をください。また音楽性と同じく、ビジュアルも個性的なものが良いですね。次にプロフィールですが、これは最重要です。その人のバックグラウンドはどうなのか、こればかりは音源を聞いても音楽性以外は分りません。売り出すに当たり、戦略の手がかりとなるのがプロフィールなのです。プロフィールが充実していなければ、人に説明できません。人に説明できなければ、興味を持ってもらう取っ掛かりを作ることは難しいのです。プロフィールが弱い人は、まず「プロフィールを作るため」という目的意識をもって活動してみてください。その過程で何か道が開けてくると思います。

Q、最後に何かあれば?

A、以下の質問事項に答えられるようにして下さい。全てを明確に答えるのは至難でしょうが、一生懸命考え、答え創りをしてください。すると己が見えてきます。

  1. 将来どのようなビジョンを思い描いていますか?
  2. 目指すアーティストモデルはいますか?
  3. 短期、中期、長期で、どのようなステップを考えていますか?
  4. アーティストとして、世の中にどのような価値を提示できますか?
  5. アーティストコンセプトは?
  6. 活動目的とテーマは?
  7. なぜマイクを握っているのですか?
  8. 誰に何を伝えたいのか、ターゲットと方向性は明確ですか?
  9. キャッチコピーを作るとしたら?
  10. どのような応援者がどのくらい存在しますか?
  11. 他のアーティスト達とどのくらい接点がありますか?
  12. 自分に対するファンの層と数を把握していますか?