"FUNLY DL THE GREATEST HITS" インタビュー

Funky DL Interview For “Movement”

■ 自身初のベスト盤を出すにあたって、今どんな気持ちでいますか?

ベスト盤発売は自分でもとてもすばらしいことだと思ってるよ。音楽を作り始めたころからいつか自分もベスト盤を出せるようなアーティストになりたいって願っていたからね。それが現実になったんだとても光栄なことだよ。ベスト盤発売は自分にとって一つの人生の区切りであり、ここまでやり遂げたことで一つの時代が完結した気分だよ。そしてここから新たな時代を迎えるって感じかな。このアルバムは自分の今までの人生そのものって感じだね。でもけしてこれで終わりってわけじゃなくて、どっちかって言うと今までの人生をやり遂げたお祝いって感じかな。だからこのアルバムを通してFunky DLサウンドを作ってきたすばらしい時代をファンと一緒に祝いたいと思うよ。

“I feel really great about releasing this greatest hits album. I always wondered many years ago if I’d get to the point in my career when I could be qualified for a greatest hits project and I feel proud that I have come to this stage. This is a milestone, a point where I feel that I have completed a part of my life and am ready to step into the next phase. I think that a greatest hits album is almost like a summery of what has happened until present day but by no means does it mean that it’s over, it’s more like a celebration. So I feel like I can celebrate the wonderful years of making Funky DL music with the fans”.

■ DAY TRACKからベスト盤を出すこととなった経緯は?

このプロジェクトはDAY TRACKが俺のレーベル”Washington Classics”のホームページにこの企画をアプローチしてきてくれた事から始まったんだ。一緒にやろうって決めた理由は彼らの熱意と情熱だよ。彼らのベスト盤発売に対するまっすぐな思いにはとても感謝してるよ。音楽業界って言う所は時に、すごくうんざりするような事やストレスが溜まるような事が多いんだ、特に契約とかビジネスの話になってくると特にね。でも今回はとてもスムーズに交渉も進んだよ。彼らはとてもプロフェッショナルに対応してくれて問題なくプロジェクトが進んで入ったよ きっとこれからも彼らは高いプロ意識ですばらしい楽曲をリリースをしていく事だと思うよ。

“Daytrack approached us through the Washington Classics Website and I really like the enthusiasm and excitement they presented about this project. They were very smooth and straight forward which made doing this album with them very pleasurable. As we know the music business can be very tiresome and stressful, especially when it comes to the business and the administration but with Daytrack they seem to specialize in a level of professionalism which many other labels can only rival. I also feel that Daytrack can provide the facilities and support to help achieve a successful release”

■ 昨年7枚目のオリジナルアルバムをリリースしたばかりですが、このタイミングでベスト盤を出すことの狙いや意図はありますか?

正直なところベスト盤をこの時期にリリースすることに関して、自分の中で特に計画や狙いがあったわけじゃないんだ。 “Since 77”を去年リリースしてからは来年発売予定の新しいアルバムの制作に取り掛かっていたからね。 DayTrackがこのプロジェクトを最初に提案してきてくれた時、自分で考えてみたんだベスト盤を発売するタイミングについて。そのとき一番大事に思ったのは、“自分の中でベスト盤を出すことに納得できるか?”って事だったよ。 答えは “納得できる!”だったんだよ。自分が納得できた時期とこのプロジェクトを提案された時期が同じだったんだよ。

“To be completely honest there was no specific aim or purpose in releasing this greatest hits album at this time. After releasing “Since 77” I started to think about making the next brand new studio album for 2007. When Daytrack put forward their proposal to release the greatest hits album, it just all felt right. I thought to myself “When is there ever a good time to plan and release a greatest hits album?” and the answer was “when it feels right” and it feels right at this time”

■ 全世界的に未発表の2曲がボーナストラックとして収録されていますが、この2曲に関して思い出深いエピソードはありますか?

ボーナストラックは今回、新たに作った新曲2曲なんだよ。だから他の曲みたいな思い出はないんだけど… “Notes For Love”のインスピレーションは、“2人の関係が上手く行かなくなってしまってどうしようもなくなったけど、それは新たな出会いへの一歩なんだ、それを大事にしよう。”っていう感情を伝えたかったんだ。 Get Readyに関しては、単純にMCとして新たなスタイルを披露したかったんだ。

I don't really have any memories as such for the the two bonus tracks as they are brand new tracks. My inspiration for "Notes For Love" is a good relationship that went bad but then allow me to go into a new relationship which can be good! Get Ready is just me doing my MC thing on the mic and flippin different styles.

■  “Get Ready”はオリジナルよりも先にリミックスが発表されることになりましたが、オリジナルとリミックスはサウンド的にかなり変わってくるのでしょうか?(差し支えの無い範囲で教えて頂ければ結構です)

Get Readyのリミックスを先に発売しようと思った理由は、実はオリジナルバージョンのバックキングトラックはうちのレーベルの ”Thursdays Love”の 「Stuck(the remix)」でも使ってたんだよ。今回のボーナストラックではファンに今まで世界でも未発表の曲を収録したかったんだ。Get Readyのオリジナルは自分の中で未発表感がなかったから。オリジナルのできも良い感じに仕上がってるんだけど、今はリミックスの方がクオリティーの高さも含め気に入ってるよ。今までのスタイルと違ってエッジの聞いた楽曲で、そういういつもと違うスタイルを見せることも大事だと思ったんだ。

We decided to release the remix version of Get ready because it shares the same backing track as the “Thursdays Love” title “Stuck (the remix). I felt I wanted to give the fans something they had never ever heard before and whereas the music for the original version of Get Ready was already used I thought it best to remix it. I’m actually more satisfied with the remix now. The original is good but the remix for me is much better although it has a harder edge than my usual style but it is important that I can show a good variation in my styles.

■ ベスト盤には初期〜最新の楽曲が収録されていますが、この選曲をみて当時のことを思い出したりしましたか?

ベスト盤の楽曲を選曲したときはたくさんの思い出がよみがえってきたよ。レコーディングしたスタジオも違うし、年も違う。中には俺がまだ10代だったころの楽曲だってあるんだぜ。 10代からこの年までにあった色んなことを思い出したのと同時に、音楽と共に成長してこれたことを幸せに感じたよ。制作作業で特に思い出深いのは “Billie Holiday”かな。この曲はあえて ADATの録音テープを遅いスピードで流してそれに声を録音したんだ。それで再生するときに元のスピードに戻したんだ。 イントロの高い声あるだろ?あれだよ、すごくレコーディングが楽しかったのを覚えてるよ。ベスト盤に収録されている曲はどれも思い出深くて、俺の人生を物語ってる。 どんな奴らと遊んでたか?とか、どんなパーティにいってたとか、誰と付き合ってたとか、それこそ “このときはこんなファッションだったなー!”なんて思い出したりもしたよ。すべてが、かけがえのない大切な思い出だよ。

The greatest hits album brings back so many memories from the past. The selected tracks we all recorded at a range of different studios in a range of different years from me being a teenager up to presently. I’ve grown and enjoyed growing in music. I remember tracks like “Billie Holiday” when I had to slow the ADAT tapes right down and record my voice at a normal pace so when the tape it is played back at normal speed my voice sounds real high pitch (check the Billie Holiday intro). That was a lot of fun. I was experimenting and enjoying every part of it. Certain songs remind me of that time in my life, who I was hanging out with, what parties I was going to, who I was dating, even the clothes that were in fashion! It’s all memorable!!

■ JAZZ HIPHOPというスタイルにこだわり続ける理由は?

一番でかい理由はやっぱり感覚かな。自分が乗れる感覚だったりムードがJazzy Hip Hopにはいつもあるんだ。 あえて自分でそういうノリを作り出さなくても、Jazzy Hip Hopにはそれがあるんだ。Jazzy Hip Hopっていうのは俺のアート表現を手助けしてくれるものなんだ。 もうひとつ思うのは多くの偉大なHip HopアーティストはJazzに影響されてるって事。 見てみろよ!Premier, Pete Rock, De La Soul, A Tribe Called QuestっていうHip Hopレジェンドって言われてる奴らはみんなJazzから多大なる影響をうけてるんだぜ!

The main reason I’ve always stayed with Jazzy Hip-Hop is because it has so much feeling! The vibe and the mood is always there. Sometimes you don’t even need to create the feeling because it’s automatic. Jazzy hip-hop is the sound that has helped define me and my art. I also feel that some of the best hip-hop and hip-hop artist ever came through with influences and inspiration from Jazz. Look at Premier, Pete Rock, De La Soul and A Tribe Called Quest! They’re some of the hip-hop legends and their sound was based on jazz in many ways.

■  ずばりJAZZとHIPHOPの接点はどこにあると思いますか?

俺が思う一番の接点は自由な表現方法ってとこかな。ジャズミュージシャンは皆、楽器をつかって即興で音楽を表現したり、時に型破りなスタイルやフロウやヴァイブスを生み出すんだ。これはヒップホップMCのフリースタイルとまったく同じだと思うんだ。MCは楽器の変わりに自分の声を楽器にして表現する。フリースタイルって言うのは即興でありアドリブだろ? MCが瞬時に次のパートを考えヴァイブスを作り出して曲にはめ込むって作業はまさにJazzと同じなんだよ。もうひとつ言うならば感情かな。さっきも言ったようにJazzには様々な感情やムードが込められている、とくにブルースなんかはね。HipHopもおなじで、様々な音楽の中でも1,2を争うくらい感情を強く出す音楽だと思う。ラッパーは自分の個人的な思想や出来事、そしてこの世界で起こる様々なことをラップにのせて批評する。Hip HopっていうのはJazzと同じでとても勇敢な音楽なんだ。

For me the biggest connection in hip-hop and Jazz is the common factor of free expression. Jazz musicians would play instruments and improvise and sometimes become unorthodox in their variations, flows and styles. This is very much the same with rappers and free-styling. It’s about using your voice as an instrument freely to say what you want the way that you want to. Free-styling is improvising and adlibbing! MC’s making up the next part as they go along and creating a vibe there and then on the spot. Another connection is feeling. Like I said Jazz has so much mood and feeling in it, especially blues. In the same way hip-hop is some of the most heartfelt music that exists. Rappers put their personal feelings and situations out there for the world to see and often critique. This like jazz is very, very brave.

■ FUNKY DL氏の音楽への追求心を感じるたびに、おそらく日常に溢れる様々な音に対しても敏感なのだと想像できます。日常でふと耳にしたとして最も惹かれる音はたとえばどんな音ですか?(例:生音、デジタル音、ドラムのスネア音など)なぜ惹かれるのかその理由も教えてください。

俺の生活で欠かせない音楽は、スムーズでクールな音楽かな。だから普段はネオソウルとか、メローなHip Hopを良く効くよ。サウンド的には単音よりコードがすきなんだ。とくにローズとかエレクトリックピアノの音は最高だね。個人的には一番音から感情が伝わるが楽器だと思ってるよ。 俺は穏やかな人間だから、必然的にそういうメローで落ち着いた感じの音楽が好きなんだと思う。やっぱり何事にもクールでありたいだろ。見た目も、感情も、行動も、音もすべてクールでいたいじゃないか。でもたまにストレス発散でドラムのきいた、力強い曲も聴くんだよ。そういう曲はネガティブな感情を消してくれるからね。 自分が音楽製作するときに最もインスピレーションを得れるのはドラムとコードかな。もちろんその二つが自分の音楽にとってもっとも大事な要素だよ。

Throughout my daily life I always try to surround myself with smooth cool music so I listen to neo-soul and mellow hip-hop. I love chords and the greatest sound for me when it comes to playing chords is the Rhodes and electric piano / tines. I’m always hearing melodies and I feel that this sound can best capture a range of feelings and emotions. I am a peaceful person so it’s natural that I like the mellow and chilled feeling in music. There is’ nothing better than looking cool, feeling cool, keeping cool and sounding cool.

Sometimes some days become really hectic so I like to listen to powerful music with heavy percussion; this helps me brush off the negative feelings by rocking hard to banging beats. So drums and chords give me the most inspiration in music and the most important factors in music for me.

■ HIPHOPという音楽が全世界的に定着した今、UKの音楽シーンはどうあるべきと考えますか?

俺がいつも思うのはUKのHip Hopシーンは常に迷っている感じだよ。まだみんなプロとしてHip Hopというものと真剣に向き合ってないんだ。人種的なバックグラウンドからも俺たちが音楽で成功することに十分な理解がない。たくさんのラッパーたちが曲をレコーディングして1曲リリースするだけでUKのナンバーワンラッパーなれるって思ってて、それで金持ちになれると思ってるんだ。 でも実際に、UK Hip Hopの底上げをしたいのならば、自分たちのアルバムをカタログにのせ、協力し合い、人種の壁を取り除いていくことに力を注がなければいけないんだ。  UKの人達の考え方っていうのは他の国々と比べても歴史があるぶん特殊なんだ。だから俺たちラッパーは一人一人が今の状況をどう打破するか考えなければならないんだ。

I feel the UK hip-hop scene has always struggled. It isn't taken that seriously especially by the professional withithe UK. There isn't enough of an understanding of the ethics that go behind becoming succesful. A lot of artists think that they can become the number one rap act in the UK just by recording and releasing 1 track and that will make them rich.The truth is that in order to get a better situation we need to invest into catalogue, unification and the business ethics. The demographics of the United Kingdom are so much different than other countries so we need to figure out what it takes to reach and sustain a success that is tangible.

■ 最後にベスト盤を待ち望んでいた日本のリスナーへ向けてメッセージをお願いします。

まず最初にファンに伝えたいことは長い間、多くのアルバムを通してFunky DLを支えてくれてありがとうという事。思えば、ファンと共に成長してきた時代だったと思う。どうしようもなく困難な日々も、いつもファンや周りの皆がFunky DLの音楽をサポートしてくれて認めてくれた事が力になった。この場を借りて皆に感謝の意を伝えたい、ありがとう。このベスト盤ではFunky DL音楽の集大成を祝うって言う意味のほかに、人は支えてくれる人の力があればどんな苦難も乗り越えられ、成功できるということを伝えたい。 ファンの皆に覚えていて欲しいのは皆が俺にとって、とても特別な存在であり、俺の人生を変えてくれたということ。そして皆も俺と同じように一人一人世界を変えるような個々を持っているということを忘れないで欲しい。

“最高のファンなくして最高のベストアルバムはリリースできなかっただろう。”

To my fans, you have supported me for so many years and so many albums. I feel like you have grown with me and supported me through all the hard times. Every time I went through a rough situation it was never hard to remember that I had so many people who really appreciate me and my talents and that would always help me to sustain my writing and beat making. So for that I would like to sincerely thank you all. This greatest hits album is a celebration not only of my music but of the fact that a person can become a success and achieve on great levels and with the faith and belief of others anything is possible. So to you  .. my fans….  Remember that you are special individuals and that you make a difference in this world as you all have individually made a difference in mine. Enjoy the greatest hits and celebrate with me..

I could have never had a greatest hits album without the greatest fans!!! 

One Love Family
Funky DL

○     初めて買ったレコード  De La Soul ? 3feet high& Rising 1989
○     好きな日本食- 寿司
○     ジャパンツアーで来日した際、一番印象に残った街は?宇都宮
○     音楽以外で熱中しているものー 人生の意味と追及を考え学ぶ事